ナースストーリー

本

看護師 川内真帆

街並み

看護師 高橋理沙

見出し

「看護師さんはすごい」と思った

葉っぱアイコン「看護師さんはすごい」と思った

看護師 石川あずさ

看護師 石川あずさ 中学生のころ、祖父が脳梗塞で倒れました。日ごろは頑固で威厳のある祖父だったのですが、入院後は看護師さんの援助に涙を流す場面に出会った私。今思えば、疾患からくる感情失禁だったのかもしれませんが、当時はそんな祖父の姿を見て「あんなに頑固な祖父の心を援助で動かせるなんて、看護師さんってすごい人だ」と感動したのです。そしてその日から看護師に憧れを抱くようになりました。 高校時代、看護師をめざそうと考えた私は、当院で看護師体験をさせていただきました。多くの看護師さんから優しく声をかけていただき、この職業にいいイメージを持って進路を決定。看護師への道を歩むことになりました。そして私が生まれ育ったこの街で働こうと決め、地域住民の身近な病院である当院への就職を決めたのです。

葉っぱアイコン自ら祖父を看取れた幸せ

中学生の時に脳梗塞になった祖父は、その後回復して元気に過ごしていました。そんな祖父が、私が看護師になって暫くしてからすい臓がんを発症し、偶然にも私が勤める病棟に入院して治療を受けていたのです。 ある深夜勤務の時のこと、私は祖父を受け持っていました。状態は安定しておりいつも通りにケアをして、もうすぐ深夜勤務が終わろうとしたときでした。祖父の容体が急に悪くなり、私が看取ることになったのです。深夜帯で私が小さな変化に気づいていれば、こんなに突然逝かなくてもよかったのではないかと自分を責めたのですが、もし日勤に引き継いでから状態が悪くなっていれば、私は死に目に会えなかったかもしれません。そう思うと祖父が最期の時を私に委ねてくれたのかもしれないと思い、心が熱くなりました。 祖父の病気がきっかけで看護師になり、その祖父を自分の手で看取れたことを今は幸せに思います。

葉っぱアイコン患者さまの前では常に笑顔でいたい

私が看護をするうえで大切にしているのは笑顔です。以前、ある患者さまから、しんどい時でも私の笑顔を見ると明るい気持ちになると言っていただいたことがありました。末期の人に「笑顔を見るのが楽しみだ」といわれたこともありました。苦しむ患者さまに私が出来るのは笑顔で心を和ませることくらい・・・。だから自分がどんなにしんどくても、患者さまの前では笑顔でいようと思っています。 今私が勤務しているのはICU。病棟には重症な方が多く、ご本人もご家族も大きな不安を抱えておられる方ばかり。そんな方々に対して、私はいつも心を察してひと声かけられる看護師であろうと思います。そうなるためには、もっと高い知識や技術を持ち、自分自身に余裕が必要だろうと思うので、勉強や経験を重ねることが必要なんだと思います。だから「いつまでたっても日々勉強」そんな気持ちで歩んでいこうと考えています。

見出し

当院は看護師の層が厚く、頼りになる先輩方がいつも支えてくれる

葉っぱアイコン先輩から多様な学びをしたかった

認定看護師 荒賀美幸

認定看護師 荒賀美幸 子どものころから保育士か看護師になりたいという夢を持っていた私ですが、中学で現実的に将来の職業を考えたとき、少子高齢化の社会では看護師の資格を持つことが有利だと考えこの道に進もうと決めました。 中学3年生の秋に、高校の衛生看護科の見学に行ったのですが、高校に足を踏み入れると白衣を着て頼もし姿の先輩の姿があり、当時の自分とほとんど年が変わらないにもかかわらず、高校生がとても偉大に感じたことは今でも印象に残っています。そんな先輩方に憧れを抱き「この学校に入ったら私もこんな風になれるのか」と思った私は衛生看護科に進学。そして高校卒業後に専攻科を経て看護師になりました。 はじめて就職したのは急性期の民間病院。その病院は若いスタッフが多く、「ここで働いていると、急性期看護の知識や技術が身につくけれど、先輩からいろんな価値観を学ぶことは出来ない」と感じたのです。そこで2年間の経験を積んだ後、当院に転職することにしました。

葉っぱアイコン当院で組織で働く意味を学ぶ

私はこの地域で生まれ育ち、当院は小さいころから知っている身近な存在でした。だからこの病院で、地元住民に密着した看護がしたいと考えて当院への転職を選んだのです。 転職して感じたこの病院の良さは、組織がしっかりしているということ。ひとりの意見で簡単に流されず、意見に対しては多方面から検討して決定、そして決定したことは組織全体で共有するという仕組みが新鮮でした。 組織の一員として行動することの意味や、自分の意見は責任を持って発言することを当院で学んだように思います。 これまで整形外科の病棟を経験し、外科病棟に異動。そして今は小児科にも携わっています。当院の外科病棟の特長は、がん患者さまが多く、何度か入院を繰り返して、ターミナルになる方もおられるというところ。その人の人生に関われる看護が魅力のように思います。 がんの治療を行いながらも、中にはがんが進行して治癒が困難になる方もいるのですが、そんな方が私に「最期の場所をどこで過ごすか」を相談してくださることもあり、家族ではない私に「自分の死」にまつわる重要な相談をしてくださることに、看護の責任と喜びを感じてきました。

葉っぱアイコン先輩から多様な学びをしたかった

認定看護師 荒賀美幸

看護の仕事のやりがいは、多くの人と接することができること。しんどいこともありますが、いろんな人と出会えることはこの仕事のいいところだと思います。 この病院のいいところは、看護師の層が厚く、頼りになる先輩方がいつも支えてくれるところ。これまでいろんなことがあっても乗り越えてこられたのは、何かあれば相談できる先輩がいるので、多くのヒントや勇気をいただけたおかげだと思っています。 今は主任という役職ですが、それ以外に院内研修の担当もしており、年間スケジュールに従って、具体的に研修内容を企画したり、講師をしたりするのが私の役割。看護観や看護倫理の分野を任されているのですが、研修をとおして自分の看護をふり返り「何が看護なのか?」が考えらえる看護師に育ってほしいと思います。 よく看護師は「もっと患者さまの傍にいたい」と言うのですが、看護師が傍にいるとはどういうことか、傍にいることを看護にするには?など、深く考えられる関わりをするようにしています。とはいえ私にも課題は山積みで、勉強することがいっぱい。一緒に看護を深く問いながら「看護師になってよかった」と思えるスタッフを増やし、私自身もそう思い続けたいと考えています。

見出し

お産にプラスのイメージが持てるように気を配っています

葉っぱアイコン出産の神秘さを感じて助産師に

助産師 野崎里美

助産師 野崎里美 私は看護学生の頃、母性看護学の実習で受け持たせていただいた妊婦さんの出産で、女性の強さと出産の神秘さを目の当たりにして深い感動を覚えました。そしてそのとき、生命の誕生に立ち会える助産師になりたいと思ったのです。 当病院で助産師をしようと考えたのは、小児科や麻酔科とも連携がとれるので安心して助産ができるという環境と、母性だけではなくいろいろな患者さまを看ることができ、助産師に偏らず看護師としても成長ができると思ったから。それでいて、個人病院に負けない産後のフォロー体制があり、乳房外来や育児相談などを通して助産師ならではの役割を果たし、やりがいを感じられると思ったからです。 勤務をして感じたのは、産前産後の教室が充実していて、自信をもって妊産婦さんを受け入れられるということ。だから助産師として満足感が得られます。

葉っぱアイコン再会できるとうれしい

1人目を当院で産まれたお母さんが、2人目の出産も当院を選んでくださることが多いのですが、それは私たちに対する評価の表れであり、再会はとてもうれしいものです。 これまで忘れられないのは、1人目のお産が大変で印象に残っていたかたが2人目のお産で入院してこられた時のこと。また私がその妊婦さんを介助させていただくことになり、そのうえドクターも同じという偶然に出会いました。 当病棟はリピーターのかたが多いので、2回とも出産の介助にあたることはあるのですが、ドクターまで同じというのは初めてであり、何だか不思議な気がしました。ひと晩かけて無事出産された時には、3人の絆と達成感を味わったように思います。

葉っぱアイコンお産にプラスのイメージが持てるように

助産師 野崎里美

今は少子化で、何度も出産を経験されるかたは少なくなっています。その少ない体験を「陣痛で辛かった」「痛いしもう産みたくない」「うまくいきめず叱られて辛かった」というようなマイナスイメージを持ってほしくはありません。「自分は頑張れた」と出産を良い体験として捉えていただけるよう、分娩時にはどんな状況でも大げさに誉めるということに心がけています。また、分娩介助はお母さんと赤ちゃんという2人の生命を預かるので、責任感を持って小さな変化も見落とさない眼と判断力も研ぎ澄ますように注意しています。  私自身も出産を経験して、これまで以上にお母さんの気持ちがわかるようになりました。出産は育児の始まりであり、助産師としてだけではなく先輩ママとして、これからも妊娠から出産・育児まで末永くお母さんとかかわっていきたいと思います。

見出し

生まれ育った大好きな箕面市に貢献したいと思います

葉っぱアイコン生まれ育った箕面市に貢献したかった

看護師 井上直美

看護師 井上直美 私は物心ついたときから「将来は看護師さんになりたい」という夢をもっていました。そして高校生の頃看護体験に参加しましたが、初めて白衣に袖を通した感激と患者さまからいただいた笑顔が心に残り、看護師を目指そうと決めたのです。大好きだった祖父の最期に感じた「何もしてあげられなかった」という心残りも、この道をめざす動機になったのかもしれません。 箕面市は私が生まれ育った街であり、私が産まれたのは当院です。そんな箕面市で、私が産まれたこの病院で働き、地域に貢献したいというのが当院への就職を決めた理由です。大好きな箕面市の人たちと触れ合いながら仕事ができる今を、とても幸せに思います。

葉っぱアイコン患者さまからいただく言葉が力に

当院のいいところは、看護師ひとり一人が患者さまに寄り添って看護をしているところ。私は手術室に勤務しており、患者さまと病棟看護師の関係を客観的に見ることができますが、患者さまが看護師を慕っている姿、看護師が心から患者さまのことを想っている姿に感動する場面が多々あります。 これまで手術室で看護をしていてうれしかったのは、「ありがとう。あなたに会えてよかった」という患者さまからの言葉。手術室では患者さまとゆっくり話すことはできませんが、術前訪問で顔を合わせ、手術当日に再会して安堵の表情を見せてくださると喜びを感じ、頑張ろうという力になります。

葉っぱアイコン自分だったらどうだろう?と考えていきたい

看護師 井上直美

手術室の看護は、患者さまの代弁者になることが大切です。だからいつも「もし自分だったらどうだろう?」と考えながら、プライバシーの配慮とともに、皮膚トラブルや神経損傷を防止できる配慮をしていきたいと思います。 また、術野を見て予測しながら必要な器械を医師にスムーズに渡すのは、手術時間を最小限にしてリスクを軽減する患者さまへの大切な看護。そのため術式や解剖の知識をつけてスピーディーに器械が渡せるように、もっと勉強しなければいけないと思っています。 そして忘れたくないのはいつも笑顔を絶やさないということ。私たちにとっては日常でも患者さまにとって手術は特別なことだから、大きな不安を少しでも和らげていただけるように、いつも笑顔で患者さまに向きあえる看護師でありたいです。