ナースストーリー

本

看護師 川内真帆

街並み

看護師 高橋理沙

見出し

信頼される看護師を目指して

葉っぱアイコン新人の頃は挫折しそうな毎日でした

看護師 中井敬子

看護師 中井敬子 小さいころは「人を支える仕事がしたい」と思い、看護師に憧れを抱いた時期もありました。しかし自信がなくて別の進路を選び、社会人になりました。そして別の仕事をしていたのですが「やっぱり看護師になりたい」という気持ちが強くなり、看護学校に社会人入学をして資格を取得しました。 箕面市で生まれ育った私は、当院は小さなころから身近な病院。就職するならここしか考えられず、迷うことなく就職を希望しましたが、気が付けば、もうずいぶん年が過ぎています(笑)。 新人の頃は、なかなか仕事についていけなくて、何度も挫折しそうになったのですが、いつも先輩が気にかけてくださり、周りに支えていただきながら乗り越えられたことは、今も感謝するばかりです。

葉っぱアイコン気配りができる看護師でありたい

看護師をしていてやりがいを感じるのは、患者さまとの対話をすることでしょうか。ふとした時に思い出すのは、何気なく手伝ったことに、患者さまがひどく感謝してくださった時のこと。それは、「些細なことでも、患者さまの大きな力になれるのだ」と実感した瞬間でした。患者さまは、表面に見えなくても大きな不安を抱えておられたり、不便や苦痛を抱えておられたりするものです。私の小さな援助でそれが助けられるのだから、できるだけ患者さまの思いに耳を傾けて、力になりたいと思いました。 看護をしていると、時間に追われてお話しする時間をとるのは難しいのですが、患者さまの様子を瞬時に観察し、何かを抱えておられそうなときは、時間を作ってベッドサイドに足を運ぶ。そんな気配りができる看護師でありたいと思います。

葉っぱアイコン経験を重ねて信頼される看護師を目指す

看護師 中井敬子

今はプリセプターをしていますが、新人看護師には自信をもって看護できるようサポートしていきたいと考えています。そのためには、ただ業務をこなすのではなく、根拠を考えながら行動できるよう声をかけるようにしています。 私が新人時代に先輩に支えていただいたのと同じように、私も新人を支えられるよう、困っていないかということには気を配りながら、スタッフとの関係をうまく築けるようサポートできたらうれしいですね。 私自身の目標は、まだ経験できていないことがたくさんあるので、もっと知識を高められるよう経験を重ねること。そして患者さまにも後輩にも「この人なら信頼できる」と思ってもらえるような看護師を目指したいと思います。