私たちの病院

ビル

看護師 川内真帆

街並み

看護師 高橋理沙

地域医療の中核となる拠点病院

地域医療の中核となる拠点病院画像

主な役割は、救急医療に軸足をおいた急性期医療や高度な知識・技術・施設を駆使した専門医療などで、病院職員は一丸となって地域の人々の健康をまもるため日夜励んでいます。 私たち看護局では「担うべき医療をチーム一体となってより安全に」との理念のもとに安全で質の高いやさしさに満ちた看護を追求しています。

教育の情報はこちらをクリック

より良い看護の提供

看護局長 中尾美佐恵

看護局長 中尾美佐恵

看護局では「患者さまが主役」という気持ちを大切に、患者さまを中心に捉え、他職種と連携しチームで看護を実践しています。とりわけ「感染対策チーム(ICT)」や「栄養サポートチーム(NST)」「緩和ケアチーム」では、多くの職種と連携するなかで看護専門職として意見を出し合い、より良い治療やケアが提供できるよう活動しています。
また、当院は地域の中核病院です。少子高齢化社会のなかで、患者さまやご家族をどのように支えるか、地域の開業医や訪問看護ステーション、介護福祉施設との連携はとても大切です。入院から退院までの手厚い看護ケアだけでなく、在宅療養を支えるための援助やその調整はますます重要になってきています。地域の皆さまの身近な病院としての役割を果たしていきたいと思っています。

私たちはPE(Positive Evaluation)活動に取り組んでいます。

Positive Evaluation=肯定的評価

PEカード

救急医療、急性期医療に軸足をおいた看護師自身が仕事に対する満足感を感じていなければ、患者さまに満足感を与えることはできません。そのため、職員が患者さまへの対応や、日常業務の中で「いい対応をしている」「頑張っているな」と感じたときに、相手にカードを送ってその気持ちを伝える取り組みです。 互いにプラス評価を行うことで、カードを送られた側は、自分が評価されたことで仕事の志気が高まり、カードを送った側も相手の良い点に気付くことでそれを自分のものに取り入れることができます。 カードが一定枚数以上に達したらPEリーダーに認定されます。