教育について

カルテ

看護師 川内真帆

街並み

看護師 高橋理沙

見出し

個々のキャリア開発を支援し、自立した看護師を育成

当院では看護教育理念に沿って、質の高い看護を実践する思いやりのある看護師を育成するために、看護師の臨床看護実践能力習熟度を評価する「クリニカルラダー制度」を導入しました。看護実践能力の習熟度評価は、自己の役割と実践への動機づけを行って、仕事のやりがいや満足に繋げます。個々のキャリア開発を支援し、自立した看護師の育成を目的にしています。また、「静脈注射院内認定制度」を設け、注射に関する安全な看護技術の提供を目指し、看護師としてのゆるぎない土台を築きます。

個々のキャリア開発を支援し、自立した看護師を育成

見出し

「静脈注射認定制度」を設けています

当院では看護師が自信を持って安全に静脈注射の技術を提供できるように、静脈注射院内認定制度を設けています。

Q.どんな制度?
A.静脈注射の技能レベルをⅠ、Ⅱ、Ⅲ段階に分け、資格要件、静脈注射実施範囲レベルの達成目標を設定し、院内の教育研修で一定の知識と技術を習得した者を認定します。 レベルに応じて可能な実施範囲を拡大し、患者さまも看護師も、互いが安全に技術提供できることを目的とした制度です。 新採用者に対しては4月に集合研修を行い、その後eラーニングも用いて自己学習を重ねながらレベルⅠの取得をめざします。 詳しくは、病院説明会等でお問い合わせください。

見出し

認定看護師などへの道も支援しています

認定看護師などへのキャリアアップも積極的に支援します。 現在当院には10名の認定看護師が活躍しています。

感染管理認定看護師 四宮 聡

感染管理認定看護師 四宮 聡 患者さまと職員双方を感染症から守るのが私の役割です。 感染防止に関する研修・啓発と地域連携を通して患者さまが中心の医療を支えることができ、日々やりがいを感じています。

救急看護認定看護師 亀川 祐子

救急看護認定看護師 亀川 祐子 新人職員への救急蘇生の研修や、所属場所での救急に関する勉強会などをしています。救急の現場では一人でできることは限られていますが、自分の知識と経験が活かされ患者さまが回復されたときにやりがいを感じます。

緩和ケア認定看護師 加藤 理香

緩和ケア認定看護師 加藤 理香 患者さま・ご家族のがんと向き合うつらさ、治療の不安、症状や療養のことなど様々な思いをお聞きし、チーム連携を図りながらより良いケアを一緒に考えていきます。

がん化学療法認定看護師 藤田 美佐緒

がん化学療法認定看護師 藤田 美佐緒 患者さまが安全・安楽に治療が受けられるように、医療チームと連携をとりながら院内教育やコンサルテーションを行っています。日々の活動の中で出会う患者さまや家族の思いが糧となり、患者や家族の立場で考えた看護の質の向上に努めています。

皮膚・排泄ケア認定看護師 石上 佐恵

皮膚・排せつケア認定看護師 石上 佐恵 人工肛門や人工膀胱を造設して不安を持ちながら退院された患者さまに、ストーマケアの指導や相談を行う中で「ストーマを持ちながらやっていけそう」と笑顔を見せていただいたときに喜びを感じます。

手術看護認定看護師 永田朋子

手術看護認定看護師 永田朋子 患者さまが安全かつ安心した手術が受けられるように手術チームの総合力を高めることが私の役割です。手術に臨まれる患者さま・ご家族の期待や不安などの思いに寄り添った看護の質の向上に努めています

認知症看護認定看護師 岡山友佳

認知症看護認定看護師 岡山友佳 病気を患った認知症の人が安心で安全に治療や療養ができるように努めています。認知症の人に笑顔になってもらうことを目標に、日々活動しています。

皮膚・排泄ケア認定看護師 荒賀美幸

皮膚・排せつケア認定看護師 荒賀美幸 「入院」「手術」「人工肛門造設」など患者さまの不安の多い時期に安心して入院生活が送れるよう、また、入院直後から社会復帰に向けてお手伝いをさせていただきます。

緩和ケア認定看護師 吹田智子

緩和ケア認定看護師 吹田智子 がんの患者さまとご家族の抱える症状や気持ちのつらさが少しでも和らぎ、ご本人らしく過ごせるように、治療や療養をサポートすることを心がけて活動しております。

がん化学療法看護認定看護師 生田成美

がん化学療法看護認定看護師 生田成美 抗がん剤の治療を受けることを決めたり、薬による副作用など、様々な不安があると思います。患者さまの「その人らしさ」を大切に、納得した治療の選択や、副作用の対策を考え、症状を緩和し、日常生活を送れるよう支援しております。

見出し

新人看護師の声

プリター&プリセプティー会議

初めて会った時の印象と教育体制を通して成長できた点

プリセプティー西谷

西谷 理想というか・・。見ためから雰囲気まで理想的で、教え方も優しかったですし。 気さくに話しかけてくれる感じでした。 現場では、ひとつひとつのケアとか、処置とか・・・全然最初はできなかったんですけど、この1年間いっぱい教えてもらいながら一人でできることも今だんだん増えてきています。少しずつ慣れてきました

奥田 かわいい一年生だなぁって。同じ学校の出身の後輩になるんですよ。 同じ学校から来ているというのもあって、親しみもありました。 私も彼女と同じように学生時代にここ(箕面市立病院)に実習に来ていたんです。 ここ(箕面市立病院)にいい印象を持って、同じような想いを持って入ってきたのかなぁ~、と ただ、プリセプターとして、やっぱり1年生に教えるからには、まず自分がちゃんと基本をわかっていないといけないと気が引き締まりました。改めて自分が復習をしたり勉強をし直す機会にもなりましたし、病棟のメンバーにも、1年生を教育していくにはどうしたらいいかを考えたりすることで、自分も成長できたかなと思っています。

箕面市立病院の雰囲気

プリセプター奥田

西谷 まず、きれいな病院という印象です。あとは、患者さまも、箕面という地域柄なのか、とても人柄がいい。病棟のみなさんも患者さまも優しく親切にしてくださいます。最初の実習で箕面市立病院にきたとき、すごく看護師さんたち優しくて、それでここがいい、と思って・・実際入ってみて、本当にそうだったな、と。 患者さまからもそういうお話をいただきます。ここは優しいと言っていただくことも多いです!

奥田 同じく、やっぱり病院自体が明るいです。明るいっていうのは働いている看護師の人柄かなと思います。そういうのもあって箕面市立病院に入職しました。ここで看護師は、みんな明るくて優しい方たちばかりです。土地柄もあるかと思うんですけど。

今後の課題・展望・意気込み・想いなどについて

プリセプティー西谷、プリセプター奥田

西谷 目標は、知識を増やしていきたいと思っています。根拠のあるケアができるように、学びを深めていくことです。言葉づかい等もそうですけど、患者さまは目上の方が多いので気を付けながら、早く一人前の看護師になりたいと思います。

奥田 院内には、いろんな委員会もあり、今年例年とは全然違う委員会に入りました。新しい委員会は緩和ケアの委員会なんですが、患者さまの見方や接し方が異なります。 患者さまの今後のことや生活のことも理解して考えていかなければいけないというところを学んだのがこの1年間でした。 ただ、学んだだけで、まだ実践に移せていないので、患者さまの入院中のことだけじゃなく退院のことも考えたり。でも家のことになるとプライバシーのこともありますし、どこまで患者さまの補助ができるだろう、とか・・。 また、上の先輩や委員会の方にどう接すればいいのか、など接する中で出来るようにしていきていと思っています。 委員会によって雰囲気は全然違って、緩和は患者さまの背景、違う面を持って、コミュニケーションもとっている。見るデータ以外でも聞き取るっていういスキルも上げていかないといけないと思っています。そこも理解して、傾聴する段階かなと思うのでこれから次に繋げていけるように頑張りたいです。