教育について

カルテ

看護師 川内真帆

街並み

看護師 高橋理沙

看護局の理念・方針

看護局の理念

チェック 箕面市立病院の組織の一員として、看護職の倫理規定に沿った自覚と責任をもった看護職員を育成します。

チェック 看護理念に基づき、地域の人々に安全で質の高い看護と思いやりのある看護を提供します。

看護局の教育方針

チェック 看護職員一人ひとりが、看護の専門的知識・技術を習得し、より良い看護実践ができるよう人材の育成をします。

チェック 患者・家族の尊厳と倫理的な配慮のできる看護職員を育成します。

チェック 成長段階に応じた個人の能力を開発し、自律できる看護職員を育成します。

チェック EBNに沿って安全な医療・看護ができる看護職員を育成します。

チェック チーム医療において、看護の役割を発揮できる看護職員を育成します。

チェック 新人看護職員や看護学生などの後輩育成ができる看護職員を育成します。

チェック 地域住民への看護の理解と学びの場を提供します。

見出し

クリニカルラダー制度

質の高い看護を実践できる思いやりのある看護師を育成するために「クリニカルラダー制度」を導入。
一人ひとりに合わせた目標設定と達成支援を行い、仕事のやりがいや満足に繋げます。自分らしく成長し、看護のプロとして自立できるようにサポートします。

認定看護師などへの道も支援しています

研修費用の助成や修学資金制度もあり、認定看護師などへのキャリアアップも積極的に支援しています。

認定看護師の声を聞いてみる

見出し

看護部教育体制

箕面市立病院 現任教育システム

静脈注射院内認定制度

当院では看護師が自信を持って安全に静脈注射の技術を提供できるように、静脈注射院内認定制度を設けています。

どんな制度?

静脈注射の技能レベルをⅠ、Ⅱ、Ⅲ段階に分け、資格要件、静脈注射実施範囲レベルの達成目標を設定し、院内の教育研修で一定の知識と技術を習得した者を認定します。 レベルに応じて可能な実施範囲を拡大し、患者さまも看護師も、互いが安全に技術提供できることを目的とした制度です。 新採用者に対しては4月に集合研修を行い、その後eラーニングも用いて自己学習を重ねながらレベルⅠの取得をめざします。 詳しくは、病院説明会等でお問い合わせください。

新人看護職員 臨床研修制度

新人看護職員が基本的な臨床実践能力を獲得することを目的として研修を企画

チェック 卒後教育プログラム

チェック ローテーション研修

組織の一員としての自覚と責任を理解し、安心・安全な看護技術が学べる年間のカリキュラム。患者さまを中心に考え・行動できる看護師を育てる「こころの教育」にも力を入れています。

プリセプター制度

先輩看護師(プリセプター)が新人看護師(プリセプティ)と、固定したペアになって、一年間成長をサポートします。毎月一緒に目標を立て、振り返りを行い、不安なことを相談したりと、とても心強い存在です。

見出し

新人教育 1年の流れ

ナーシングスキルも積極的に活用しています。

  • 4月
    • 新規採用者研修

      講師
      院内講師
      目標
      組織の一員としての自覚と責任を理解し、手順に沿った看護技術を学ぶ
    • 輸液ポンプ・シリンジポンプ

      講師
      臨床工学技師
      目標
      輸液ポンプ・シリンジの使用方法を理解する
  • 5月
    • フィジカルアセスメント・BLS

      講師
      救急看護認定看護師
      目標
      フィジカルアセスメントを理解し、基本的技法を習得するBLS急変時の対処方法を学ぶ
  • 6月
    • メンタルヘルス

      講師
      外部講師
      目標
      自分自身を振り返り、ストレスに気づき、対処する方法を考えることができる
    • 3ヶ月フォローアップ

      講師
      現任教育委員
      目標
      固定チームナーシングにおけるメンバーとして報告・連絡・相談の必要性が理解でき、実践できる
  • 10月
    • 6ヶ月フォローアップ

      講師
      現任教育委員
      目標
      報告・連絡・相談が実践でき、チームメンバーとしての役割を自覚する
  • 11月
    • 褥瘡ケア

      講師
      皮膚・排泄ケア認定看護師
      目標
      褥瘡・スキンテアの予防と適切なケアについて学ぶ
  • 1月
    • がん化学療法看護

      講師
      がん化学療法看護認定看護師
      目標
      がん化学療法看護の基礎知識を習得し、指導を受けながらがん薬物療法を受ける患者のケアが実施できる
  • 2月
    • 11ヶ月フォローアップ

      講師
      現任教育委員
      目標
      リフレクションを通し、1年間の成果を確認し、次年度の課題を述べることができる