実習生へのメッセージ

手紙

看護師 川内真帆

街並み

看護師 高橋理沙

見出し

日勤のいちにち

当院には多くの看護学生のみなさんが患者さまから看護を学ばせていただいています。学生さんは感性豊かで、一生懸命患者さまの看護を考えている姿に心を打たれることも度々。そんな未来の看護師を温かく受け入れ、学べる環境を整えるのは先を歩む私たちの使命だと考えています。 けれども私たちは何よりも患者さまの安全・安楽を護ることを一番に考えなければなりません。だから時には学生さんの思い通りにならない場面が出てくるかもしれませんが、そんな時には同じ看護の目線でなぜそうなのかを考えていきましょう。 当院ではたくさんの実習指導者が看護学生の指導をしています。指導者はさまざまな想いを持って看護学生のみなさんと向きあっていますが、ここで2人の指導者の想いを紹介したいと思います。

見出し

看護の楽しさや喜びを感じてもらいたい

3階西病棟 加藤 栄

3階西病棟 加藤 栄 実習指導を通して、患者さまとの関わり方や思いを汲み取ることの大切さを学んで欲しいと考えています。また、臨地実習で看護実践を行うことで、看護とは何かに気づき、看護の楽しさや喜びを感じてもらいたいです。

3階西病棟 加藤 栄

⁂ その人らしさを大切に いつも大切にしていることは、患者さまの人生に関わらせて頂いているということを意識し、その人らしく過ごして頂けるように配慮することです。コミュニケーションを図り、患者さまのニーズを理解し、寄り添うことを大切にしています。

⁂ 新人看護師さんへ 明るい挨拶から始まり、新人看護師さんと共に、二人三脚の指導を心がけています。いつも側にいて、不安や心配な思いをさせないように配慮しています。 また、基礎看護技術・専門的な看護について学ぶため、個々に合わせた指導を行いながらの成長を見守っています。一歩一歩成長できるように、応援しています。

見出し

学生の個性を大切にし、長所を認める指導を

橋本 理恵

橋本 理恵 学生指導ではできないところを指摘するのではなく、学生一人ひとりの個性を大切にし、長所を認め、できるところを評価するようにしています。また答えを教えるのではなく、考え方や方向性を引き出すように導いて、看護がどんどん好きになる「きっかけ」作りができるような指導を心がけています。私たちの患者さまと接する姿や言葉がけをみて、看護の喜びや楽しさに結びつく事を学んでほしいと思います。

橋本 理恵

⁂ 患者と看護師として出会いを大切に いつも患者さまの立場になって考え、患者や家族の人生の一部に関わるような思いで看護しています。患者と看護師として出会い、その出会いが特別なものであったと思ってもらえるようにケアしています。病気だけを看るのではなく、患者さまを尊重した関わりを大切にし、何を考え、欲しているのかニーズを捉え、同時に心も癒やすことができる看護師でありたいと思っています。

⁂ 看護師はやりがいのある仕事 私は看護師という仕事にとてもやりがいを感じています。患者さまが病気を克服したり、障害を持ちながらも前向きに入院生活を送れるかどうかは私たち看護師に委ねられていると思います。患者さまとともに考え、悩むことにやりがいを感じることができる、そんな看護ができるように頑張っていきたいと思っています。
人の命を預かる仕事ですので、うれしいことや楽しいことだけではなく、つらいことや、乗り越えなければならないこと、時には悔しい思いをするかもしれません。でも、そのつらさや悔しさもすべて患者さまの笑顔や言葉が救ってくれると思います。