実習生へのメッセージ

手紙

看護師 川内真帆

街並み

看護師 高橋理沙

見出し

日勤のいちにち

当院には多くの看護学生のみなさんが患者さまから看護を学ばせていただいています。学生さんは感性豊かで、一生懸命患者さまの看護を考えている姿に心を打たれることも度々。そんな未来の看護師を温かく受け入れ、学べる環境を整えるのは先を歩む私たちの使命だと考えています。 けれども私たちは何よりも患者さまの安全・安楽を護ることを一番に考えなければなりません。だから時には学生さんの思い通りにならない場面が出てくるかもしれませんが、そんな時には同じ看護の目線でなぜそうなのかを考えていきましょう。 当院ではたくさんの実習指導者が看護学生の指導をしています。指導者はさまざまな想いを持って看護学生のみなさんと向きあっていますが、ここで2人の指導者の想いを紹介したいと思います。

見出し

看護の楽しさや喜びを感じてもらいたい

3階西病棟 加藤 栄

3階西病棟 加藤 栄 実習指導を通して、患者さまとの関わり方や思いを汲み取ることの大切さを学んで欲しいと考えています。また、臨地実習で看護実践を行うことで、看護とは何かに気づき、看護の楽しさや喜びを感じてもらいたいです。

3階西病棟 加藤 栄

・患者さま
いつも大切にしていることは、患者さまの人生に関わらせて頂いているということを意識し、その人らしく過ごして頂けるように配慮することです。コミュニケーションを図り、患者さまのニーズを理解し、寄り添うことを大切にしています。

・今後、現場に出る新人看護師さんへ
明るい挨拶から始まり、新人看護師さんと共に、二人三脚の指導を心がけています。いつも側にいて、不安や心配な思いをさせないように配慮しています。 また、基礎看護技術・専門的な看護について学ぶため、個々に合わせた指導を行いながらの成長を見守っています。一歩一歩成長できるように、応援しています。

見出し

実習でしか体験できないことを体験してほしい

4階西病棟 上村 真有子

4階西病棟 上村 真有子 看護の対象は人であるということです。実習に備えて、学生さんは、一生懸命に勉強準備をしてこられます。教科書通りにできることもあれば、看護の対象は人であるため、すこし工夫やアレンジが必要なこともあります。計画したことを実践し、患者さまの反応を得ることは実習でしか体験できないことです。実習を通して、多くの患者さまと出会い、看護の知識・技術を深め、素敵な看護師になって欲しいと思います。

・相手の立場に立ち考えることの大切さ
  もし自分が患者だったら・・・家族だったら・・・相手の立場に立ち考え、その想いにできるだけ寄り添うことです。結果、私の誠意が患者さまやご家族に伝わったときは、自分の事のように嬉しい気持ちになり、この仕事を選んで良かったと思います。

・今後、現場に出る新人看護師さんへ
  命を預かる現場であり、時には困難な状況に遭遇することもあると思います。どんなベテラン看護師でも、みんな新人という道を通ってきました。新人看護師の大変さはみんな理解しています。私達の病院はチーム力が強みです。チーム一丸となって新人看護師をサポートします。この仕事を通して、なりたい自分になれるように、私達は全力で応援します。